h2.jpg

h3_01.gif

胃腸、肝臓、膵臓疾患について、内視鏡と超音波検査を用いて診療を行います。

フジノンの経鼻内視鏡を導入しております。直径5.9mmのうどんの太さ程度の内視鏡が鼻を通って食道・胃・十二指腸を観察します。
これにより65歳以上のほとんどの方が検査終了後「楽だった」と言われます。
若い方は喉の奥の神経がまだしっかりありますので、全く苦痛がない訳ではありませんが、通常これまでの経口内視鏡に比べて苦痛が半分以下に減少します。

> 消化器科へ


h3_02.gif

生活習慣病」、それは自覚症状なく、自分の身体を通常より早く老化させていく疾患です。
脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎疾患などさまざまな疾患が発症し、命を奪っていくことから、別名「サイレントキラー」などと呼ばれます。

こうした生活習慣病を最もよく知っているのが、糖尿病専門医であり、ついで内科専門医(総合内科専門医)、循環器専門医です

糖尿病専門医は自称「糖尿病専門」の先生とは異なり、大変難しい試験と症例報告などを学会に提出した後に認められる資格であり、日本でも、まだ3,300人ほどしか認められていません。
また、その上位資格である糖尿病研修指導医は1,100人ほどしか存在しません。

当クリニックの院長は糖尿病学会の認定した糖尿病専門医であり、また、研修指導医の資格を有しています。
同時に内科専門医(総合内科専門医)でもあり、生活習慣病のプロとして活動しております。

> 生活習慣病・糖尿病へ

h3_03.gif

当クリニックでは、アンチエイジングにも力を入れております。
身体すべてを守るアンチエイジング医学を研究するようになり、抗加齢医学会専門医の資格もいただきました。
自費治療や内服薬などで、身体の若さを内と外から保てるようお手伝いいたします。

> アンチエイジングページへ

top_search.gif

お問い合わせは 電話番号

menu_000.gif

いいね!ボタン




サイト内を検索する